払い過ぎ

男女

週払い金とは別名グレーゾーン金利と言われています。グレーゾーン金利として表される理由として、不確定に発生した金利という点が挙げられます。消費者金融、クレジット会社、大手デパート会社など貸金業者が、利息制限法の上限を超えているにも関わらず取り続けていた利息が週払い金です。つまり、本来であれば払わなくても良い払い過ぎたお金・利息ということになるのです。言うならば、借主が損してしまう仕組みです。この週払い金の問題を解決するためには、「弁護士」への相談が有効に働きます。弁護士に依頼をすることで素人では理解しきれない週払い金のトラブルを、円滑かつ迅速に解決することが可能となります。週払い金や過払い金のトラブルを解決には弁護士の力が必要となりますが、借主自身も最低限の知識を身に付けなければなりません。お金はトラブルが発生しやすい性質です。世の中を生きていくために必要不可欠なお金は、誰にとっても守る価値があるものだからです。中にはお金を不正な手段で得ようとする考えのものもいます。このような悪事に巻き込まれないためには、何が良くて何が悪いのか判断する能力がなくてはいけません。世における良し悪しを決める判断基準として定められているのが「法」です。法は絶対的秩序であり、最強の効力を発揮します。法の知識を得ることは、世の中を生き抜くための強力な武器となります。法を知っているか否かで、トラブルを解決に導く術も大きく変わってくるのです。週払い金や過払い金に際して知っておくべき法とは「利息制限法」です。利息制限法とは、一定の利率を超える利息を制限する法律です。高利での取り締まりを目的としており、この規定に外れる取り立ては不正とみなされます。昭和29年に制定された法律で、元本10万円未満の場合は年20%、元本10万円以上100万円以下の場合は年18%、元本100万円以上は年15%となります。

簡単に算出

下を向く男性

広告などによって過払い金の手続きをする人が増えてきています。そのため、多くの弁護士事務所では過払い金に関する相談を無料で行なっているところも出てきていますので、気軽に利用出来ますね。

詳細を確認する...

弁護士の力を

Male

過払い金を支払う時には、法律の専門家である弁護士に依頼をすると、スムーズな手続きを行なうことが可能になります。また適切なアドバイスもしてくれるので、安心して依頼をすることが出来ます。

詳細を確認する...

完済してても可能

Female

借金をすでに返済した後でも過払い金請求は可能であることを知っている人はまだそれほど多くはありません。しかし、返済後であっても請求手続きは可能ですから、まずは弁護士などに相談しましょう。

詳細を確認する...